okinawaDMから沖縄中部DEM5

琉球列島地形復元

はじめに

はじめに

沖縄島では、国土地理院が公開している高精細標高データであるDEM5が、沖縄島中南部の北谷-沖縄市南部以南(2次メッシュ392735、392736位南)と大宜味村の一部しかない。沖縄島北谷-沖縄市以北がいまだに公開されていない。この地域で利用できるDEMとしては、1/25000地形図等高線から生成したDEM10しかない。『スーパー地形』(ダン杉本氏作成)から、両者の地形詳細表現に差があることがわかる。沖縄島嘉手納-沖縄市以北でも、将来、国土地理院からDEM5が公開されるかもしれませんが、この地域には広範囲に米軍基地が存在している。もし、これが原因で未公開ということであれば、今後も公開されない可能性もある。以前のブログ『okinawaDM等高線から高精細DEM』で、okinawaDMの等高線ベクトルデータからDEM5レベルの詳細標高データが生成できると示した。
今回は、北谷、沖縄市、嘉手納町、読谷村、うるま市範囲のokinawaDMの等高線と標高点を使って、5mグリッド標高を生成した。

ベクトル等高線

北谷、沖縄市、嘉手納町、読谷村、うるま市範囲のokinawaDMから等高線ベクトルデータを抽出した(図ー1)。この範囲の地形図の等高線間隔は、2mと詳細地形を復元するには十分な値となっている。今回は、作業範囲が広いため、断線化した等高線をつなぐ作業は行っていない。また、標高点の数が多数であることから、DEM生成時、この標高点も利用した。

図―1 ベクトル等高線
図ー2 標高ポイント

DEM5

ベクトル等高線と標高ポイントから生成した5mグリッド標高(DEM5)は図-3に示した通り。比較データとして国土地理院10m標高データ(DEM10)から作成した陰影付き彩色標高図(図‐4)も付した。

この彩色状態で両者を比較すると、精度の違いが明瞭にあるようには見れない。詳しく見れば、丘陵台地内の谷地形や、同地域内に分布する円錐丘や石灰岩・崖がより明瞭に表現されているように観察できる。また、嘉手納飛行場の滑走路がDEM5からは判読可能になっている。

図‐3 DEM5陰影付き彩色標高図
図‐4 DEM10陰影付き彩色標高図

サイクリック彩色図

標高0~20m区間内をレインボーカラーで彩色し、さらに、20~40m区間を同様に彩色、これを20m間隔で繰り返すレインボーカラーサイクリック彩色図でDEMデータを彩色、地形情報の精度を比較する。(DEM5彩色図、国土地理院DEM10彩色図)
この主題図からは、DEM5がDEM10を上回る地形解像度があることが確認できる。

図‐5 DEM5サイクリック彩色標高
図‐6 DEM10サイクリック彩色標高

DEM5とDEM10比較

海岸低地や台地平坦面上の地形表現に違いが強く表れた(図-7、8)。

海岸低地に最も大きく差がみられる(図中の黒囲み)。DEM10では1/25000地形図の10m間隔等高線、一部5mの間曲線を使ったグリッド標高値となっている。従って、海岸低地のグリッド標高値は、10から海岸線標高0mへの比例配分の値となっているようで、真の標高情報とはなっていない。一方、DEM5では2m間隔等高線より算出されるので、海岸低地のグリッド標高値は、より正確に計算されている。

比較的平坦な緩斜面である台地上にあるの施設、嘉手納飛行場付近(図中の白囲み)でも、DEM5では滑走路等の平坦部の構造が読み取れるのに対し、DEM10では、一定方向の緩斜面と表現されている。

丘陵台地内を通過する高速道路は、DEM5ではその通過場所(図中の茶囲み)が、高まりを開削、低地を盛土で通過している状況が判読可能である。また、丘陵台地を開析する谷地形が明瞭に判読可能である。

図-7 DEM5
図-8 DEM10

まとめ

沖縄中部、国土地理院DEM5が公開されていない地域について、okinawaDMの等高線ベクトルデータからDEM5レベルの詳細標高データが生成できることが分かった。今回は、等高線不連続部分の加筆作業は行わなかった。ブログ『okinawaDM等高線から高精細DEM』では、等高線の連続作業で、急斜面や崖地形などを詳細に表現できることが判明している。今回の沖縄中部地域についても、詳細地形が必要な場合はこの作業を追加すれは良いと考えている。

コメント